読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE!LOVE!

2期が終わった所でやっと気持ちが落ち着けたのでブログる(笑)ぐだぐだと防衛部について。
私が推しにハマった4月クールはなんでかレギュラーで出る作品が一つもなくて、故に録画するものもなかったから悠長に過去出たものをたくさん一気に見られたんだけど、今思うとこれはすごく不安な状態だったのでは…と恐ろしくなるんですが(笑)
それはさておき、夏クールはレギュラー3本!でその中にかの美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!もありまして。周りの友人からやいやい勧められて1期を見て、これは…くだらない…面白い…となってたところにこのタイミング。イベントもちらほらあって、推しはほとんどに出られなかったけど(笑)足繁く通うくらいには私も防衛部というコンテンツにハマってしまい、ミニライブとかトークショーとか今まで触れたことのない領域に沢山行ってすごく楽しかった*\(^o^)/*
…と、本編の方に戻って、1期は(防衛部メンツから見たら)先輩揃いの征服部が相手で、無名の新人達がそこに引っ張られてく感じだったのだけど、今回は同年代~後輩のVEPPerが参入してきて逆に人気や知名度が出た防衛部が引っ張る的な構造になってて。ほんとに冒頭8分も出て来ない主役には驚いたwけど、それは防衛部の存在や5人でいることが当たり前になったという前提が出来たからで、もう全力で前面に主役だよ~~!って押し出して行く必要性はなくなったのかな~みたいな。私は1期の時はもちろんリアタイしてないし、追経験でしか分からないけど、お風呂を一生懸命沸かしてる所からやっと浸かれるところまできたのかな、とか黒玉湯的な表現をしてみたけども(笑)ラブ!ライブ!がゼップでオールスタンディングだったのから、ラブ!ラブ!ライブ!が幕張で恐らく全席指定になって倍のお客さん呼べるようになったのはそういうことなのかな、と。
ただ本編のくだらなさは1期からちゃんと受け継がれてて(笑)胸毛怪人とかんことかwそもそも2話のゆもとのピュア事件もかw小ネタがどれも、あーくだらない(笑)ってなれてほんと良かったなと。くだらないけどどのエピソードもあ~あの怪人か~とか2年生話ね~とか記憶に残るものばかりで、その辺も上手いなと。2期は一人数役こなす話が多かったなw大宙さん最強だけども(笑)
1期の円盤の特典映像の合宿を経て今回の闇鍋見ると5人の緊張感のなくなった度合いがよく分かるというかw白井さんいじるにしても探り探りじゃなくなってたり、1年半の年月って短いようで濃いんだなあと他人の事ながら感じられる良い映像作品になってたな、と。
もちろん推しありきでハマった防衛部だけど、5人ともまるっと好きになってしまってキャラも本人達もどちらも好きで、グッズ買わない主義の私が厳選しつつもストラップだのアクキーだの買ってしまう程にはなってて(笑)このはやる気持ちはラブ!ラブ!ライブ!で収まれるのか悪化するのか分かりませんがw早いとこ次の展開が知りたいです(笑)(あると完全に思ってる)

いや~それにしても最終話でJust going nowかけてきたところは小憎たらしすぎて夜中というか早朝に泣かせんなよ!!!(泣)って本気で思った(笑)防衛部はオリジナルアニメだからなのか、オリジナルアニメなのになのかキャラソンも秀逸でそれを歌う5人もみんなそれぞれちゃんとキャラらしく歌っててそこも凄くグッと来たところだったなあ…ダメだ、泣けてくる…ちゃんと3年生の卒業までは描いてくれると信じてるよ……!