読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出逢えるまで

Jr

さすがにPZのこと何も書かないまま終わるのもいかんでしょ!?ということで。メイン曲の事だけは書いておこうかなと。何を隠そうガイズを抜いて冬PZで一番好きだった曲ですからね!!!(笑)あんまり賛同者いないけど!!!(笑)あ、ハットであまり顔が見えないからそれでかな☆
2011年のPZでやってたこの曲ですが、私2011年は別方面で忙しく(笑)1回しか入ってなかったようでほっとんど記憶になかったんですね。だから雰囲気とかも良く分かってなくて2011年のパンフで見た衣装くらいしか予備知識がなくて。そしたらめっちゃ大人なアダルティーな雰囲気のある曲で。セクシーとはまた全然違う毛色のアダルティーさで、振付もどちらかというとジャジーな感じで。…なんか横文字使い胡散臭いですけどw今までPZでは元気いっぱい!とか着ていくエロスとか脱いでいくエロスとかかわいい!とかだったので私の中ではだいぶカルチャーショックを受けまして。夏PZでロマンチック・タイムを観た時に「あ、この曲の間の取り方と空気感好きかもしれない…!」ってなんとなく思ってそれが理想として目の前に現れた感じというか…難しいな(笑)
個人的に好きだったのが、上と横に両腕を伸ばしてターンしてみたいのを4拍でやるとこなんですけどその時の腕の伸ばし方も下ろすまでの間もターンのタイミングもピルエットというかパッセの綺麗さも全てがツボでツボでしょうがなくって永遠にその振付やってて!!!くらいに思ってまして(笑)あの部分だけでいいから早く映像観たいな〜。歌の最後の林くんの美声「あっいっしってい〜ると〜♪」の部分の首を左上右って動かしながら下がっていくとことかも3人めっちゃ揃っててよかった〜。雑誌のインタビューで揃えるのが本当に難しかったって3人共言ってたけど、さすが6年以上一緒にやってるとカウントの仕方とかも合わせられるんだなーってすげーって思ってました。観ている側からしたらそんなん感じなかったですよ、と。褒めすぎかな(笑)あとアウトローで階段昇っていく時の指鳴らしながら一段ずつターンしたりポーズ決めたりする所!ここも大好きだったな〜。いちいち綺麗でこれも永遠に見てられる…ってなってて(笑)江田くんのダンスの好きな所はどの瞬間取られても中途半端な動きの時がない!ってところなので…てへぺろ。流して下さい(笑)
あとは、何と言ってもソロ部分が長い!これね、ちょー嬉しかった!夏の時のうわさのキッスはまじで1フレーズのみだったので全っ然物足りなくてwあんなにセンターで江田くんの歌声たっぷり聴けることってクリエ以外では早々ないよな〜って。歌はあんまりアレとか言われてますけど(笑)去年のクリエで林くんとの『Love is…』聴いてからかなり価値観変わりましてね…喋り声じゃなくて歌う声が好きだな〜と思ってて。弱めだけど優しい声が曲の雰囲気にとても合ってて良かったのでサントラ!!って待機してたら出ませんでしたね…悔しい。そしてソロの部分でやっとハット取ってくれて顔もちゃんと見えるという。素敵。『出逢えるまで』はダンスだけでも充分満足出来るけど、やっぱり顔も好きな私としては大事な要素なんです。ええ。しかし観た回ほとんどで汗拭く暇なかったのか前髪張りついちゃっててちょっと残念だったのはご愛敬(笑)
たぶん3人が今の年齢だからこそ出来た曲なのかもしれないなあと思って(当時のえびさん達が24歳くらいなので)この曲選んでくれて良かったなあって思いました。もしかしたらもっと激しい曲!っていうのもあったかもしれないけど、例えばクリエでやるとしても盛り上がる曲多めになってしまうだろうし、たぶん選ばない雰囲気の曲だと思うしこういう舞台っていう現場でやれてよかったなーと思いました。私がどちらかというとRTPZ〜ソンダン2012までが好きな理由はオリジナル曲があるからなので(笑)そのあとのMADのカンペキ!への流れもほんと良かったな〜。有難うございました。
…他にも書きたい曲はあるけど、やっぱりメイン曲って特別なので。PZが再演出来るかは分からないけど、また舞台でひたすらダンス!みたいな演目のものに出させてもらえたら全力で観に行きますのでよろしくお願い致します(笑)(WWTPいつでも再演待ってますよ^^)