読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなはー!They武道のものー!

They武道はー?\みんなのものー!/
りょーちゃん好き。に尽きるクリエ公演でした(笑)
1年目は嬉しい!楽しい!新鮮!って勢いでいける部分があったし、実際初めてだらけだから何をやってもわーい*(^o^)/*ってなれる単独公演で、その分2年目はどう変えてくるか、どんな魅せ方で来るか、ってこっちもすごく構えちゃって不安な部分もかなりあったのだけど、入口から始まった『They AirLineに乗せてしまう』って一つのテーマだけで完全にしてやられてしまって、あとは本当に機長3人に身を委ねるだけでした(笑)
正直600人ちょいのキャパの公演でテーマ決めて構成考えるとかやりすぎじゃない!?っていうのもあるけど、このキャパでこれだけ考えられて実行出来るんだから今の時点で既にもっと広い視野でやる事を考えてるんだろうなって感じて。林くんが言ってた、
「もっと大きい所で出来ると確信しました。」
って言葉が大袈裟ではなく近未来の予定に組み込まれてるものに思えてきて。
構成はもちろんだけど、去年はアレだけ喋れとか言われたりなんもしないマスコット扱いだった江田くんが、コーナーの司会を自ら名乗り出て、設定やネタも考えて、オマケに拙いながらもオリジナル曲まで作ってきて。ピアノもギターも演奏しちゃって。どこかで頭でも打っちゃったのかって感じですよ!これ褒め言葉ね!(笑)担当としては去年降りた完全なるご新規さんですが、江田くんという存在を知ってはいた身としてはイメージ覆されすぎてびっくりの連続で(笑)Twitterでも書いたけど、あんなに流暢に沢山喋る江田くんは去年の歌舞伎の楽で大我がセリフ変えてきてそれに昂ぶってカメラを忘れてまくし立てて喋る江田くん以来で。あの時の興奮はなかなか異様だった気がするから、それを3日間5公演、って相当だなあって思って。今年の歌舞伎の楽でなんとなく心ここに在らず…?って思ってしまったのはもう楽日を迎えて気持ちが完全にクリエに向いていたからかなあ、って納得しました。
上の方にも書いたけど、この小さなキャパで言うなれば暖かい目で見てくれる身内のみが見てるようなモノで外に向けて作るってなかなかチャレンジだと思うんですよね…新しい曲も、付いていない曲も入れてきてたし。私は結構色々な担当辿ってきたので(笑)全部知ってる曲で良かったけど、新しめな「Dead or Alive」(KAT-TUN)とかみんながみんな知ってる訳ではないし、江田くんソロの「愛でした。」(関ジャニ∞)も馴染みがなさすぎると思うんですよね…けどあえて選曲してきたってことは何かの意図があるんだろうなあって思って。その辺の掘り下げはこのインターバルにゆっくり考えたいなと(笑)
そしてすごくすごく楽しみにしてた、クリエを経ての江田くんの連載更新。公演中も頼もしく見えたけど、文字にして言ってもらうことで更に力強く見えてきて。「遠くてこれない人がいるなら俺らが行けばいいじゃん?」ってあんな容易く軽く言ってたけど、そんな簡単なことではないことは本人達が一番知ってるだろうし、あえてそれを言ってくれてて発信してくれるのがすごく嬉しいなあって。言わないで飲み込んでたら一生伝わらないで終わってしまうかもしれないけど、言葉であれ文字であれファンに見える、聞こえる形で出してくれて本当に有難うございました…ってやばい、泣けてくる(笑)
連載があってよかった!ってこれ程実感したのは今回が初めてかもしれない(笑)歌舞伎のことはクリエもあるしそこで聞けるかな、だったけどクリエの後は分からないから本当に連載やらせて頂いてありがとうございます!!!(主に上の方にいる偉い人に向けて)そして今回入れなかった人達にもジャニウェブ見てる人って括りではあるけど伝えられて良かった。早く見たい人がみんな見られて幸せになる公演が出来ますように。